NEWS

【コーヒー】同じコーヒー豆でも抽出方法によって味が違う!

コーヒーの二大抽出方法

普段何気なく飲んでいるコーヒー。
同じコーヒー豆でも抽出方法によって味が違う!ということでどんな違いがあるか試してみる事にしました。
今回、透過式は「ペーパードリップ」、浸透式「フレンチプレス」で抽出します。

コーヒーの二大抽出方法

透過式:ペーパードリップ・ネルドリップ・金属フィルター

コーヒーにお湯を注いでフィルターで濾して抽出する方法

ペーパードリップ:
フィルターが微粉やコーヒー豆の油分を吸着するのでなめらかさにはややかけるが、抜群の透明感とス ッキリとした味わいが特徴。
(ちなみに金属フィルターは油分が抽出され、甘さと風味に優れる。微粉も抽出されるのでやや透明感をそこなう。ペーパードリップとフレンチプレスの中間の位置づけ。)

ドリッパーの種類やお湯の注ぎ方などで調整できる。淹れる人の技量が必要。
そしてなんと言ってもお手入れが簡単!

浸透式:フレンチプレス・サイフォン

お湯にコーヒーの粉に浸して、抽出後コーヒーと粉を分離する方法

フレンチプレス:
コーヒーをダイレクトに味わえる抽出法。コーヒーの油分が抽出されるので香り豊かで、まろやかな口当たりになる。
表面に油分が浮かぶのが特徴。やや微粉によるにごりがでるので好みが分かれるところ。
シンプルな手順で初心者でも簡単に味が再現しやすいのが特徴。

コーヒーの粉の分量やお湯の量、時間をきちんと守れば家庭でもカフェのような味わいが楽しめる。
ヨーロッパでは一般的なコーヒー抽出器具。日本では紅茶の抽出に使われていることが多い。
テーブル使いできるのも魅力。

ペーパードリップとフレンチプレス

ペーパードリップ

左側はペーパードリップで抽出したコーヒー。右側はフレンチプレスで抽出したコーヒー。

見た目の違いは一目瞭然、コーヒーの透明感。ペーパードリッパーはペーパーできちんと濾過されクリア。フレンチプレスはコーヒーの微粉が混じり、油分も抽出されています。しばらくするとコップに付着するくらいのにごりでコーヒーの成分全部でました!という感じです。

試飲してみるとペーパードリップは見た目どおりスッキリとした飲み心地。いつも飲んでいる美味しいコーヒーです。
フレンチプレスは見た目が粉っぽくて苦そうなイメージ。試飲してみると「ん?」思いのほか苦くない。予想外にまろやかでクリーミー。・・・おいしいかも。そして飲みほした底には微粉が。

片付けでフレンチプレスは粉をどう処理するか悩みました。その点ペーパードリップはポイ捨てで簡単!

同じコーヒー豆なのに味がこんなにも違うのか!と衝撃を受けました。コーヒーの奥深さを垣間見た気がしました。
どちらが優れているというのもなく好みの問題でその時の気分で抽出方法をかえてみるというのも手だと思いました。
ぜひいろいろな抽出方法で素敵なコーヒーライフをお楽しみください。


このサイトについて

SLOW&MELLOWは、「のんびりゆっくりとしたライフスタイルの提案」を目指した雑貨シリーズです。

コメントを残す

*